装備品についてや経験談

装備品についてや経験談

自動車のライトというのは年々明るいものが販売されるようになり、標準装備されているライトそのものもLEDなどが使用されていて、どんどん明るくなっています。このように明るいライトというのは当然夜間の運転などをする際にはとても重宝してくれるのですが、明るければ明るいほど良いというものでもありません。あまりにも明る過ぎてしまうライトというのはどうしても色が白っぽいライトになるので、雨の日などの場合には、見にくいといった特徴があります。また対向車にしてみると非常に眩しいため、対向車と自分の車の間に歩行者等がいる場合とても危険性が高くなってしまいます。

自分の前を走ってる車がブレーキランプをLEDに変えていたりすると、非常に眩しく感じる事がありますよね。特にクリアタイプのライトに変えているとブレーキを踏むたびに眩しくて目を閉じてしまいたくなりますが、これと同じように対向車も眩しいと感じています。ライトには車検に通る程度の明るさと車検に通らない明るさがあるので、最低限車検に通る明るさのものを装備するようにしましょう。

LEDのポジションでも比較的値段が高い

LEDのライトというのは、以前の電球タイプのライトに比べると長持ちするのでとても良いと言われているのですが、購入する際の金額としては、以前のライトに比べてとても高いと言われています。ポジションランプの小さな電球もLEDの場合にはこれまでのライトに比べて数倍の値段が必要になっているので、経済的な理由でLEDを使うことができないという人もいるのではないでしょうか。無理に全てのライトをLEDに変更する必要はありませんので、必要に応じて変更するようにしてください。

ヘッドライトなどの場合には、あまりにも出力が高いライトを装着するとすぐにショートしてしまうことがありますので注意が必要です。販売されているライトそのものにも当たり外れがあり、外れを購入してしまうと、装着してすぐにショートしてライトが点灯しなくなるので、もう一度購入しなければなりません。レシートを保管していれば交換してもらう事も可能だと思いますが、多くの人はレシートを捨ててしまうので改めて高いお金を払って買わなくてはなりません。明るいライトにするというのは確かに運転そのものは楽になりますが、様々な面でデメリットもあるのでしっかりと検討した上で購入するようにしてください。